Greedy | SAUCE CYCLE

Greedy

Greedy

The Greedy is a real muitipurpose bike developed in Japan. “I want to enjoy the feel of the road.” “I want to explore off road” “I might want to go touring”… The thrill of cycling is that the more you get to know it, the more you want to do. “Why not have a bike that can do everything?” The concept of “GREEDY”, as the name suggests, is greediness.

Greedy

183,333円+税(フレームセット)
Built by S.Soukawa


SPEC

KAISEI 019
Columbus Zona
Original steel fork

1台でなんでも出来る自転車

ロードフレームのTRITONと同じ日にリリースされた”Greedy”。大阪、堺のCORNER BIKES(ソウカワガレージ)にて1本ずつ丁寧にハンドメイドされます。ピュアなロードバイクであるTritonとは対照的に、名前の通り「欲張りさ」がコンセプトとなっているのがGreedyです。

「オンロードを気持ちよく走りたい」、「オフロードも走りたい」、「あっ、荷物も積んでツーリングとかもしたいな」。自転車を知れば知るほど楽しみの幅も広がっていくのが醍醐味です。相反するようにあれもこれもと新しい車体が必要と感じ、欲しくなっていくでしょう。そして現実を突きつけられるのです。家に何台も置いておくことが出来ない…と。

“1台でなんでも出来る自転車を造ればいいんだ。”

なんでも出来るが故に何かに特化した自転車では無くなくなります。妥協点を探り、オン・オフ共に”ある程度いい感じに走る”をポイントに設計しました。フォークレングスをロードバイクとシクロクロスの間ぐらいに設定し、アジャスタブルエンドによりチェーンステー長を変える事で、オン・オフどちらの仕様でも”ある程度いい感じ”に走るフレームになりました。

例えば、CXバイクに細いロードタイヤを履かせた場合、長いホイールベース、特にチェーンステイの長さによってロードバイクのような軽快感が出ないものです。対してGreedyはアジャスタブルエンドの採用によって、チェーンステイを縮める事でロードバイクらしいシャキッとした漕ぎだしの軽い走りになってくれるのです。反対にチェーンステイを延ばせばオフロードタイヤを履かせる事も可能で、オフロード走行でも充分なクリアランスを確保することができます。(タイヤのクリアランスが許す限り好みのチェーンステイ長にする事も可能です。)また豊富なアイレットでフェンダーやキャリアを取り付けて普段使いのコミューターから、キャンプツーリングバイクに変身し、シングルスピード化も安易で、その際は付属のシングルスピード用ドロップアウトを使用するとでスッキリしたシルエットになります。

オーナーの好みや遊び方によって自由な発想で組んで下さい。

Frame

Logo

frlogo02g
WHITE 1
 SML
A. Top tube, Effective515530555
B. Head tube86.2113.9131
C. Head tube angle71.2°72°73°
D. Seat tube (C-T)480510530
E. Seat tube angle74.5°74°73.5°
F. BB drop686868
G. Rear center405~422405~422405~422
H. Fork offset484848
SAUCE - Greedy
Price¥183,333(税別)
SizeS, M, L
Color5色×ロゴ1色
Head set-
Forkオリジナルスチールフォーク
Tire clearance700×40C
Optionディレイラーハンガー用ドロップアウト付属
シングルスピード用ドロップアウト付属