Triton | SAUCE CYCLE

Triton

Triton

The Triton gives comfort through lightness. Firm at the front, lighter at the back, in a race or on a long ride, you’ll be amazed at the quality and the performance. This bike has a perfect mix of the responsiveness you need in a racing. And the comfort you need when touring.

Triton

250,000円+税(フレームセット)
Built by K.Hashiguchi


SPEC

KAISEI 8630R / KAISEI GIGA AERO
SEVEN CYCLES | 5E Road Fork
CHRIS KING | NoThreadSet™

コンフォートレーシング

コンセプトは”コンフォートレーシング”。 重いバイク、軽いバイク、硬いバイク、柔らかいバイク、フレームは様々な表現で感想が出るものですが、 ロードバイクとして最も正しい姿はどのようなものでしょうか? 海洋を旅する哺乳類イルカ。全く疲れないというわけではないのですが彼らはほぼ絶え間なく海を泳ぎ続けています。 しなやかでありながら力強い泳ぎ。巡航に優れたその動きは、 前にしか進むことのできないロードレース、ロードバイクにピタリとイメージを重ねることができます。 日本に張り巡らされる「オンロード」という海洋を、 時にゆるやかに、時に速く、自在に駆け回ることのできる気持ちの良いフレームがこのトリトンというフレームです。

ゆるやかにベンドしたSeven 5Eカーボンフォークは振動を吸収しながらもカッチリとした乗り味を持ち、 CHRISKINGのヘッドセットと相まって軽量ながらも最大限の安定感と快適性を与えてくれます。 そしてExtarproton製のフレームはリアに向かうにつれてしなやかになるようにビルディングされています。 「リアが柔らかい」と表現するとロードレーサーからはネガティブなイメージで捉われしまいがちですが、 このエクタープロトンの乗り味は1度味わってしまうと簡単には離れさせてくれません。 フロントが硬く、リアがしなやかなフレームは、レースや長距離を走ってみると、身体へのダメージは驚くほど小さく、 そして柔らかいと言った言葉とは裏腹にとてもしっかり気持ち良く走ってくれるフレームなのです。

レースユースを前提とした走りのレスポンスのフレームでありながらコンフォート(快適)という共存し難い2つの 要素を共存させた、ロードバイクとして求められる本質的な気持ち良さが詰め込まれたフレームです。

Frame

Logo

frlogo01g
BLACK 1
frlogo02g
WHITE 1
 XSSMLXL
A. Top tube, Effective515530545560575
B. Head tube119129139154169
C. Head tube angle71.5°72°73°73°73.5°
D. Seat tube (C-C)460480500520540
E. Seat tube angle74.5°74.5°74°74°73.5°
F. BB drop7070707070
G. Rear center406406408408409
H. Fork offset5148454542

※B. ヘッドチューブ長はCHRIS KING NoThreadSet™含む
※D. XSサイズのみシートピンタイプ(C−T)

SAUCE - Triton
Price¥250,000(税別)
SizeXS, S, M, L, XL
Color7色×ロゴ2色
Head setCHRIS KING 1-1/8 NoThreadSet™
ForkSEVEN CYCLES 5E Road Fork
Tire clearance700×28C
Optionブリッジ追加(+¥0)
Di2専用仕様(+¥0)
eTap専用仕様(+¥0)